漆芸の沼

Kintsugi Wokshop



▶ページ後半に日本語文があります



About Kintsugi

“Kintsugi” is an ancient Japanese
technique for repairing ceramic and
glassware.


One of its roots is “Urushi-tsugi”, where
broken pieces of earthenware were
glued together with lacquer (plant sap)
about 3,500 years ago.


The other is “Makie,” a technique of
using lacquer to fix metal powders


such as gold and silver to decorate
furniture in a painterly manner.


In Japan, this technology began in Nara
during the Heian periods.


Later, in the Japanese tea ceremony,
rare ceramics were used to entertain
guests. If those unique pieces are
broken, there is no replacement
available.


“Urushitsugi” can be repaired, but it is
dark brown and so plain.


And so, the tea masters keep such
valuable items by mixing the techniques
of “Urushitsugi” and “Makie”. It is
thought that the addition of gold or silver
glitter made them more suitable for
entertaining.


Another theory is that it was inspired by
the  “Tsugigami”.


“Tsugigami” is a collage of papers with
different colors and patterns that were
used by aristocrats in the Heian period to
write special letters.


In any case, the most unique aspect of
“Kintsugi” is that the damage is repaired
so that it stands out, rather than being
hidden.


Finding beauty in “change” is a Japanese
sensibility.


For example, the dirt on the vessel is
called “Keshiki” and loved.


And the expression of the old one is
called “Sabi”. “Sabi” is an expression of
something over time and is considered a
valuable and desirable condition. In most
cases, the process of destruction is not a
human intervention, but an accidental
combination of fall or collision speed,
angle, and height, and hardness.


“Kintsugi” stops such accidental changes,
visualizes the invisible, and gives it
special value.


 §  §  §  §  §  §

About Workshop

1.Information

*Lecture on Basic introduction to
 urushi and kintsugi

*Exhibition and explanation of
 works produced by the studio

*Then, prepared pieces of pottery
are turned into kintsugi


Normally it takes 3 months to prepare
a piece of kintsugi

However, for this workshop we will only
do the most important steps, so you can
work on your piece for 15-30 minutes
and then take it home.

After bringing it home, leave it to harden
for 30 days and then you can use your
kintsugi as an accessory like a pendant
or broach


2.Number of Participants

Minimum 2~Maximum 20

Reserve at least 1 month in advance for
more than 5 people

※April – October only


3.Time and Fees

1 to 1.5 hours

\3,850/person


4.How to reserve

Inquiries:
Fukuoka Convention & Visitors Bureau
Sayaka Kashiwabara
Emai: mpf@welcome-fukuoka.or.jp
Tel: +81-92-733-0101
4F, Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka City,
810-0041 JAPAN


 §  §  §  §  §  §



ドイツの
MICE board
博多漆芸研究所の金継ワークショップ
が紹介されました

※MICE:国際会議、見本市、企業研修、
 イベントによる来日者の総称


来日者やそのご家族は
訪問先ならではの体験と
新しい魅力を求めており、
特に文化系のワークショップに
需要があるそうです

現在はコロナで海外との往来が
途絶えておりますが、
ふたたび来日客が訪れるように
なった暁には
ワークショップを通して
金継のすばらしさ、奥深さを
お伝えしたいと思います


・・・と聞くと、
お金儲けの話に聞こえるかも
しれません


が、
ワークショップは
当日は1時間程度で終わってしまうので
価格設定が難しく
準備が多く骨の折れる作業です


我々がわざわざワークショップを
するのはなぜでしょうか?


海外では、
正しい知識や材料が届かず、
接着剤やエポキシを使ったものが
「金継」と呼ばれ、
ものすごいスピードで広がっています

長い歴史の荒波を越えて
生き残った文化には、
外見の魅力や、
わかりやすいストーリーの奥に
その土地、その国ならではの
独自の背景や、必然、偶然
そして、
道具制作の技術継承や
材料の調達も含めた
人々の努力が隠れています



金継に興味を持つ人が
どの入口から入ってきても
我々、文化に依拠する者には
それらを同時に伝える使命があります


ところで、
最近の金継ブームには
目を見張るものがあり、
業界が活性化するのは喜ばしいこと
ですが、
インターネットで検索すれば
換骨奪胎された簡易金継ばかりが
目につくようになってきました


「悪貨は良貨を駆逐する」
のごとくです

※簡易金継:
「ふぐ印の新うるし」などの釣具用
 カシュー系漆やエポキシパテ、
 合成接着剤を使った金継モドキ
 カシュー系漆には有機溶剤が入って
 おり、作業や完成品の使用には
 じゅうぶんな注意が必要


金継文化のもとになった漆文化は、
自然に変更を加えたり、
一方的に奪うことを忌避する
精神文化を持った
古代人が生み出したものです



日本列島で長く活用されてきた
植物素材の漆と麻は
戦後、石油化学製品にほぼ置き換え
られてしまいましたが

今、我々の社会は
脱プラ、脱自然破壊など
社会の持続性が重要視される局面です


先人から受け継がれた本来の金継は、
自然から得た土や釉薬、炎、によって
出来た焼き物を
やはり自然物の漆、植物繊維、
鉱物、金属粉などで繕います


それは、とりもなおさず
サステナビリティへと直結します


我々は、
時代を超えて伝わった金継や
その根底にある精神文化が
「これから」を生きるヒントに
満ち溢れていることを
来日者に伝えたいのです



<国内の方へ>
自然派金継は、完成まで
最短で56日かかり、
1日体験には向きません

世に多く見られる一日体験は
簡易金継です


今回ご紹介した
自然派金継の1日体験は
当研究所独自の方法で4~10月の、
比較的暖かい季節のみ実施可能です


年1~2回、不定期で開催しますので
興味のある方は
Instagramをチェックされてください

本物の金継(6工程)を体験したい
方は、KINTSUGI JAPAN
(博多漆芸研究所のオンライン事業部)の
基礎講座を受講されてください