●スクール案内

<受講方法>

各ページのフォームからお申込みいただけます

①スタジオ受講(福岡市中央区六本松)
 ・金継ぎ体験(全6回)
 ・一般受講 金継ぎ 漆芸
 ・個人レッスン
 ・自然派金継資格認定


②オンライン受講(Zoom)
 ・金継ぎ体験(全6回3ヶ月)
 ・一般講座(金継クラス 漆芸クラス)
 ・個人レッスン(金継クラス 漆芸クラス
 ・自然派金継資格認定


<講習内容>

金継…化学物質を使わない「自然派金継」

自然派金継ぎは博多漆芸研究所から始まりました

  • 金継ぎ体験/消粉仕上げ
  • 一般講座及び個人レッスン/陶磁器やガラスの【割れ、欠け、ひび】を金属粉で繕う「金継ぎ」や、漆を塗ったり漆絵を描く「漆なおし」、その他「蒔絵」「箔なおし」など
  • 自然派金継資格認定/金継師から学ぶ資格認定プログラム


漆芸…塗り、変り塗り、乾漆、平蒔絵、螺鈿など

  • 一般講座及び個人レッスン
    ・道具の扱いと基本技術習得のため、最初の12回は「基礎課題」の制作をお願いします
    ・オンラインの漆芸講習では、内容により個人レッスンでの受講をお願いする場合があります
    ・一部の技法は、一定の制作経験を積んでいただいてからの講習となります


<コース>

2021年10月からのご案内

  • 金継体験(仮称)全6回3ヶ月…初めての方や基本をもう一度進めてみたい方

    ①自分らしさを取り戻し豊かな時間を過ごすスタジオ受講→詳細はこちら
    ②移動時間を学習にあてる充実のZoom受講→詳細はこちら
  • 一般講座…趣味として楽しみたい方

    ①自分らしさを取り戻し豊かな時間を過ごすスタジオ受講→詳細はこちら
    ②移動時間を学習にあてる充実のZoom受講→詳細はこちら
  • 自然派金継資格認定(金継のみ)…金継認定資格試験対応
    ①自分らしさを取り戻し豊かな時間を過ごすスタジオ受講→詳細はこちら
    ②移動時間を学習にあてる充実のZoom受講→詳細はこちら

<博多漆芸研究所とは>

百貨店での展示会や相談会をはじめ
個人や料理人の方からのご注文で
制作を行う博多漆芸研究所

(折敷制作:福岡県春日市 菊鮨様)


金継においては、
化学物質を使わない“自然派金継ぎ”
を信条とし、
年間100~200点ほどの
受注制作を行っております

(年間200点の金継ぎ注文)

工房に併設されたスタジオでは、
漆芸、金継に関する講習を行い
現在、オンラインを含め
100名以上の方が、
自然派金継ぎと漆芸の深層で
至高のひとときを過ごしています


環境意識が高まる近年、
注目を浴びる漆芸、金継は
ひとつひとつの所作や道具に
ものづくりの歴史が詰まっています

国立大学で漆芸の専門教育を受けた
スタッフが、
縄文時代から受け継ぐ
漆文化のバトンをあなたに
お渡しします


<講習内容詳細>

自然派金継


我々の愛する物たちは、
移ろいゆく時の中で、
傷つき痛々しい姿になります

ウルシノキの樹液・漆は
器物の疲れや痛みを癒す
魔法の薬

木器や漆器は漆をすりこめば
美しく輝き
漆の接着効果で金継や漆器の
修理もできます

しかし、世の中にはニセモノ
もあるのです

金色の継ぎが、
ぷっくり厚かったり、
艶が妙で、不審に思ったことはありませんか?

それは、接着剤でつけて
塗料で仕上げたプラモデルの
ようなフェイク金継
最近は
「簡易金継」と呼ばれています

簡易金継は
化学物質で継ぐため
直接食品が触れるような
使い方は好ましくありません

博多漆芸研究所では、
“本物” 
“自然” にこだわった
制作方法で講習しますので、
完成作品は安心してお使い
いただけます

ぜひ本物の扉を開けてください

また、通常の金継以外に
弱いパーツを補強したり
蒔絵で装飾するテクニックも
あります
詳細はこちらに掲載しております

博多漆芸研究所 金継 依頼品

漆芸

縄文時代に始まり、
現在でも東アジアで続く
歴史ある文化です

バガン漆器(博多漆芸研究所 所蔵)

土器も漆器も、
中国から極東にかけてのエリアで
世界に先駆けて発生したのです

約9000年前、
土器に続いて
漆を塗る文化が始まりました

大腸菌や黄色ブドウ球菌などの
細菌を減らす効果があり、
古くから漆器が使われてきましたが、
木製品の防カビ塗装や
様々な色漆を使った個性的な
塗り肌の表現など
まだあまり知られていない
魅力が多い分野です


商品開発のための技術指導
も承っております
ご相談ください
例)福島刃物製作所さん
  江藤竹工所さん  

工房ぬり松 作品

<講師紹介>



松生順

博多漆芸研究所 講師
工房ぬり松 代表
東京藝術大学工芸科漆芸専攻卒業
伊丹国際クラフト展入選
福岡県美術展朝日新聞社賞


石橋茜

博多漆芸研究所 講師
KINTSUGI JAPAN 講師
学IWATAYA講師
JEUGIAカルチャーセンター講師
富山大学芸術文化学部美術・工芸コース卒業
高岡クラフトコンペティション入賞







松生まさよ

博多漆芸研究所 代表
KINTSUGI JAPAN 代表
学IWATAYA講師
東京藝術大学工芸科漆芸専攻卒業
千總きものデザインコンペ優秀賞






添田古都  

博多漆芸研究所 準講師
博多漆芸研究所金継技術者認定2級
遠州流茶道準師範


内田義子  

博多漆芸研究所 準講師
博多漆芸研究所金継技術者認定2級


<メディア・SNS>


★Webメディア 『Fell Fukuoka Japan』
  金継に関する記事

★Webメディア 『古美術八光堂』
  インタビュー

★テレビ 『TNC 美の鼓動』

★テレビ 『KBC 前川清のタビ好き』

★テレビ 『TNC ももち浜ストア特報ライブ』鉄矢がゆく!

★ラジオ 『RKB 長谷川法世 夢追い海童』

★『KBC アサデス』

★雑誌 『リンネル』2021年7月号

★雑誌 『福岡経済』2021年3月号 


SNS、お話し会、ワークショップなど
様々な情報と
漆エンターテイメントを
お届けしています

“工房ぬり松” 画像検索
博多漆芸研究所HP 
Youtube
instagram 
Twitter
公式LINE 
FaceBook 
[ウルシオさんとラッカさん]
 LINEスタンプ販売中!   
[ウルシオさんとラッカさん]
 Tシャツ、缶バッジなど販売中!

※「ウルシオさんとラッカさん」
 講師の順が描いた
 漆キャラクターです
 Youtube動画をご覧ください