●漆器の修理



いわゆる「塗りなおし」で
ピカピカに再生したい方


→ 
こちらの職人さん(輪島塗太郎)
  が早くて上手です
  「博多漆芸研究所のHPを見た」
  とお伝えください



博多漆芸研究所への
修理依頼を希望される方



1 カウンセリング(お見積り)


カウンセリング方法
 ※事前予約制
 (1) 工房にお持ち込み
 (2) Zoomで相談

担当:代表 松生まさよ

実物を拝見したうえで
ご予算、修理の目的、
漆器の質に応じた仕上げ方法を
提案します


■カウンセリング料
お箸など、15分程度で
お見積りできる小品は無料

それ以外(お椀、重箱、数が多いもの)
のお品については30分を超えた場合
カウンセリング料 ¥2,200(税込)
をいただきます

ご注文に至った場合は同額を値引きし
実質無料となります


■カウンセリングのご注意

♦本漆塗り以外のお品はお断りします
 (カシュー塗、ウレタン塗装など)
 不明なときはお電話ください
 080-9520-4527

♦食品汚れ、カビなどは
 拭いてからお持ちください
 (不潔なお品はお断りします)

♦工賃は
  ~¥33,000 全額前払い
  ¥33,001~ 半額以上前払い
 で、お支払いをお願いします

 ※現金可
 ※交通系IC可
 ※使用可能なカード:VISA,Master,AMEX
 



2 ご予約・お問い合わせ


※お問い合わせ前に
 3 必ずお読みください
 をご一読くださいませ


その1)LINE

下記のライン友達追加ボタンから進み
チャットにてご予約ください

最初に「質問」
と入力するとスムーズです

友だち追加



その2) お電話

専用ダイヤル 080-9520-4527
※営業時間内のみ受付

・お名前
・ご依頼内容
   例:カップの欠けの金継
・ご希望の日時
・ご予算
をお伺いします


その3)ウェブフォーム
下記のボタンから進み
フォームへご入力ください

※ご返信に1週間ほどかかることがあります
 お急ぎの場合は、
 LINEかお電話でどうぞ


♦営業時間
 火~土曜  休業日:日曜&月曜
 10:00~18:00   
 ※第2・4木曜日は
   16:00~20:00  



3 必ずお読みください

 


■漆器の種類

 漆器には
 様々な作り方があります
【廉価品】
①下地なし
②砥の粉下地、新聞下地

【量産品】
破損か所を見ると
木の表面に黒っぽい層が見えます
③渋下地
④錆下地
   
【高級品】
破損か所を見ると
「布着せ」や
「1㎜程度の黒っぽい下地層」が見えます
⑤本堅地

  

 


・下地
 木を保護するために漆と砥の粉を
 混ぜたペーストを塗る

焼いた土のような暗い色の層


 ・布着せ
 木を保護するために麻布を貼る

布のメッシュが見える



■実際の修理
「ちょっと欠けた」としても
木地が見えるほど
凹んでいれば

 ①削る
 ↓
 ②固める
 ↓ 硬化:3日以上置く
 ③埋める
 ↓ 硬化:14日以上置く
 ④研ぐ
 ↓
 ⑤塗る
 ↓ 硬化:7日以上置く
 ⑥研ぐ
 ↓
 ⑦塗る
 ↓ 硬化:7日以上置く
 ⑧研ぐ
 ↓
 ⑨塗る
 ↓ 硬化:7日以上置く
 ⑩研ぐ
 ↓
 ⑪塗る
   硬化:7日以上置く

最短でも
11工程
約45日かかります

 



4 参考の納期・工賃


※納期はそのときに同時進行している
 仕事の量で変化します


✹お箸
 ※工房ぬり松の作品は
  すべて半額で承ります

 ・すり漆を数回して劣化を止める
    納期 1~2か月
    工賃 ¥1,100~

 ・傷んだ先端だけ塗りなおす
    納期 1~2か月
    工賃 ¥2,200~

 ・箸全体を塗りなおす
    納期 1~2か月
    工賃 ¥4,400~


✹重箱、お椀お皿など
・漆器に艶が無くなったので
 すり漆でメンテナンスする
  納期 2か月~
  工賃 ¥2,200~/1点

・小さく浅く欠けた部分を埋めて漆を塗る
 ※見た目で修理痕がわかる方法
  納期 1か月~
  工賃 ¥3,300~/1か所

・漆塗装の割れを止めて漆を塗る
 ※見た目で修理痕がわかる方法
  納期 3か月~
  工賃 ¥5,500~/1か所

・5㎜角以上の大きさで欠損した部分を
 埋めて漆を塗る
 ※見た目で修理痕がわかる方法
  納期 6か月~
  工賃 ¥8,800~/1か所

・本体の割れを修理して、塗りなおす
  お椀 納期6か月~
     工賃¥22,000~
  重箱 納期12ヵ月~
     工賃¥38,500~/1段

・全体を塗りなおす
  本堅地の製品
   納期 12か月くらい 
   工賃 ¥100,000~
      /二段重箱(身2・蓋1)
  錆下地の製品
   納期 24か月くらい 
   工賃 ¥150,000~
      /二段重箱(身2・蓋1)



5 当工房の修理例


 ・亀裂や欠けの形状を生かして
    新しいデザインを加える
 ・金継風に仕上げる
 ・パッチ補修、すり漆
  ・・・実用に耐えるが、ある程度
    補習痕がわかる方法

漆器修理例 皿
修理前:ひび割れた皿
漆器修理 例 蒔絵 琳派
修理後:ヒビを埋めて琳派風に蒔絵
¥11,000~
修理前の漆器 はがれ 剥離
修理前:塗りがはがれている
修理前の漆器 はがれ 剥離
修理前:塗りがはがれている
修理後の漆器 はがれを補修 艶出し
修理後:はがれを補修し、全体を艶出し
¥16,500~
漆器を金継
漆器のひび割れを金継
金継ぎのご案内

6 アーティスト紹介

豊富な制作実績を持つ
最高のアーティストが
あなたの大切な宝物に生命を
吹き込みます



松生順 Jun Matsuoi

金継 漆器修理 漆器制作 依頼 松生 順

漆は
接着剤
塗料
成型材に
用途に応じて姿を変える
水のような存在です

その力を最大限に引き出すのが
僕たちの役割です


✢東京藝術大学美術学部工芸科漆芸専攻卒業
✢福岡県美術展 朝日新聞社賞
✢伊丹国際クラフト展入選
✢九州産業大学芸術学部 非常勤講師(~2020)
✢博多漆芸研究所 主宰
✢KINTSUGI JAPAN 監修
✢日本漆工協会会員



松生まさよ Masayo Matsuoi

金継 漆器修理 漆器制作 依頼 松生 まさよ


樹液中に高温・高圧が加わり
琥珀になるように

漆に人の手が加わり
美しい品ができます

漆器は手が生む宝石です


✢東京藝術大学美術学部工芸科漆芸専攻卒業
✢千總きものデザインコンペ優秀賞
✢学IWATAYA「自然派金継ぎ」監修
✢九州産業大学芸術学部 非常勤講師(~2016)
✢博多漆芸研究所 代表
✢KINTSUGI JAPAN 代表
✢日本漆工協会会員