漆掻きに行ってきました!



佐賀県鳥栖市の萬歳寺には、
ウルシノキがあります。

普段は渡邉さんがメンテナンスをされていますが、
漆掻きシーズンになると、有志が集まって漆掻きをしています。


昨年の漆掻きの様子はこちらでお読みいただけます。


昨日、石橋先生が早起きして行ってきましたよ♪

涼しいうちに、
ということで 朝8時集合⏰



昨年掻いた上方を削ります。



漆掻きシーズン は6月から10月頃ですが、
最も樹勢のある今の季節に採れる樹液を
盛り辺(さかりへん)と言い、
最高品質の漆になります。


日当たりの良い場所で育った木は、
種をたくさんつけていました。

今年は種を採取するために、
種を多くつけている木からは掻かない方針。




近隣種のハゼと似た種。

五月頃に咲いた花がこのようになります。

黒っぽい外皮をむくと
中に小さなソラマメ形の種子が出てきます。



この種子は蝋(ワックス)に包まれているため、
このまま播いても発芽しません。


鳥さんが食べて消化すると蝋が溶けて
プリッ
とした場所で発芽🌱


近くにライバルが殖えないように
設計されているんですね~




ところで、この蝋、
石油製品が普及する前は
ろうそくの原料に使われていました。


九州では筑後のハゼ蝋が有名ですね。


ハゼは中国原産ですが、
中世に博多の商人が日本列島に持ち込んだのだそうです。



ウルシ蝋はベージュ色ですが、
ハゼ蝋は白いです。


江戸時代、ハゼ蝋のほうが市場価値が高く、
全国に先駆けてハゼを入手した九州勢は
ウルシノキからハゼノキに植え替えてしまったのでしょう。


そこのところが、
九州の漆器産地が少ない理由だと
考えられます。




さて、本日は
採取した漆をいただくことができました。


採ったばかりの漆を
粗味漆(あらみうるし)
と言います。


木の屑など不純物が入っていますので、
漉す必要があります。




漆の一滴 血の一滴
と、学校で教わりました💧
(酒の一滴 血の一滴 とも💦)

さておき、
一滴残らずこそげ取ります。



チューブに入れます




できあがり!

記念すべき 令和元年産生漆です♪


翌日に硬化して、このようになりました。


ナヤシ・クロメをしていないので、
艶はありません。

思っていたより赤みがあるな~。


チューブに入った漆は
計ったら3gでした。

漉紙が吸ったぶんが惜しいですね。
漆の貴重さが身に染みました。



さて、何に塗ろう?