藤本さんが県展に入選!

当ブログに何度か登場している、
*職人*こと藤本さん。

 

お仕事をリタイア後、漆芸を始められました。
研究所で学び始めて2年。
力試しに県展(佐賀県美術展覧会)の工芸部門へ出品することに。

今回は、置平目という蒔絵技法にチャレンジ。
小判型の金属板を貼って文様をあらわす
非常に根気のいる作業です。

先に箱を呂色上げで塗り上げ、
それから蒔絵です。

 

9月上旬の締切に向け、お盆過ぎからラストスパート。
思うように仕上がらず、疲れが見えた時期もありました。

 

「今年はやめておこうかな」

 

「粘れば何とかなりますよ」

 

「あと何回?」

 

「もう少し!」

 

最後まで諦めず、
佐賀から週1日の通学と自宅制作とのリレーでやりぬきました。
最後の1週間でグッと完成度が上がり・・・

 

結果は見事入選!

 

 

LINEの報告文から
嬉しさが伝わってきて、
講師一同喜びを分かち合いました。

 

 

佐賀まで見に行ってきました。


 

今右衛門さん、中島宏さん、井上萬治さんといった
そうそうたるメンバーの
大きな作品と同列に並ぶ藤本さんの作品。


 

サイズは小さいけれども存在感バッチリでした!!

 

藤本さんおつかれさまでした!