箕輪専務来訪

 

博多漆芸研究所購買部がお世話になっている、
福井県の箕輪漆行さん。

 

3ヶ月に1回のペースで、専務さんが営業に見えます。
今回は新装オープンしたお店に初めてお越しいただきました。

 

専務さんは漆芸全般に精通されているので、
毎度材料や技法の情報をいただきたいへん助かっています。

 

今回はまず大雪の話題になりましたね。
画像もたくさん見せていただき、
こんもり積もる雪
除雪されて高くそびえる雪にただただ驚くばかりでした。

 

被害はいまだ計り知れないものがありますが、
特に影響が大きかったのは配送網で、
箕輪さんから発送する荷物は、毎日110㎞先の彦根営業所まで車で運んだそうです。
頭が下がります!

 

ところで、
しばらく落ち着いていた漆価格ですが、
中国でのコスト上昇で4月に1割程度値上がりするそうです。
購入予定の方はお早めにどうぞ。

 

 

お仕事の後は、天神へ移動して
専務お気に入りの店「飯処 角と」さんへ!

 

角とさんは、ものすごい器好きとして
界隈では知られた方です。

 

「ミシュランガイド福岡・佐賀 2014特別版」のビブグルマンに
選ばれるほどの名店。

 

海幸、山幸、洋食まで守備範囲がめちゃめちゃ広くて
器も盛り付けも楽しくて
日本酒もいい感じに揃っていて
大好きなお店です!

 

光栄なことに、工房ぬり松、の器も使っていただいています!

 

いつも持参される
「マイぐいのみ」
「マイ箸」
も健在です!


専務さん、新調されたスーツがビシッと決まっていますね。

 

ぐいのみは、ご自分でデザインして塗られたそうで、
木地は博多漆芸研究所購買部で購入可能です。
(事前にご注文ください)

お箸はネジ式で半分の長さにできるため、
コンパクトに持ち運びできます。
こちらの木地は、現在、博多漆芸研究所購買部で販売しております。

 

ところで
ずーっと気になっていたので聞いてみました。
「箕輪漆行」の専務さんは「蓑輪」さん。
なんででしょう?

 

「蓑の字が読みにくい」
「草冠に衰えるでは印象が良くない」
という理由で、先代が表記を変えたのだそうです。

 

そこから、阪急ブレーブスの蓑田選手の話に
発展し・・・

 

今夜も楽しく更けゆくのでした。