漆芸材料販売のご案内

漆の名前は産地によって違い、
精製の仕方や艶などによって呼び名が変わります。

 

例えば透漆の「木地呂」と「素黒目」は同じものを指しますが、
朱合は似ているけど別のものです。

↓は箕輪漆工さんの「生漆」のページですが、
予備知識が無ければ、どれを使えばいいのか?
わかりませんね。

 

 

 

若き日のぬり松、も、かなり苦労しました(;’∀’)

届いてみたら「違った!」とか。

福岡には個人向けの漆芸材料専門店が無いので
漆を購入したい場合、インターネット通販を利用するか、
割高・常温保存の東急ハンズで購入することになります。

 

我々が関わっている、教室や朝日カルチャーセンターの
生徒さんが使う材料は、まとめて通販で購入します。

扱う種類も量も相当なもので、
どうせなら教室参加者以外の方にも門戸を開いて
福岡で安心して漆が購入できる場
にしよう! と、思いました。

 

そこで、日本一の品揃えを誇る箕輪漆工さんに相談したとろ、
特約店としてお付き合いさせていただけることになりました!

とは言え、博多漆芸研究所の小さな購買部です。
我々が、教室の講習や工房での作業の合間に
接客することになります。

場合によっては、お待たせすることもあるかと存じますが、
ご理解の上ご活用いただけたら、
と思います。

漆芸作家として20年、
金継師として15年、
漆芸・金継講師として、10年やってきましたので、
商品知識に関しては、めちゃめちゃ自信があります!!

 

 

商品はいろいろと、200品目ほど置きますが、
必ず置いている77品目だけリストを作成しました。
下記PDFファイルでご確認ください。

博多漆芸研究所 定番商品一覧(pdf)

ピンク色で示された商品が、当店オリジナルです。

一番のウリは・・・
漆が20g単位で購入できまることです!

もちろん、絶対的安心感の冷蔵庫保管!!

 

そして、全国から入手した木地がた~くさんあります。
椀、皿、カップ、弁当箱、ボウル、カトラリーなど
あまりにも多くて置く場所が足りないので、
ときどき展示替えしながらディスプレイするつもり。
追って当ブログで画像など紹介しますね。

 

漆は
・生漆(中国産)
・生正味漆(日本産)
・木地呂漆(中国産、呂色磨き用)
・黒呂色漆(中国産、呂色磨き用)
・朱漆/レーキ(中国産、呂色磨き用)
の5種類については50g、20gを常備しております。

梨地漆、弁柄、白、赤口、アサギなども
ほぼ常設しておりますが、切らすこともあるかも。

まずは一度、見にいらしてくださ~い。

 

 

<ご注意>
*教室の講習や金継工房の受付を優先しますので、
 お待たせする場合がございます。
*通信販売はしません。
*電話での問い合わせや注文は一切受け付けません。
*漆は生ものなので、少量しか在庫しておりません。
「商品の在庫確認」はメールでどうぞ info@nurimatsu.jp

*商品に関する質問にはお答えしますが、
「技法に関するご質問やご相談」などは、教室を受講してください。

*営業時間は、当HPの「教室開講時間」と同じです。
 臨時休業などは、当ブログでご確認ください。