カレー番長のお店 floatanへ行ってきました。

 

博多漆芸研究所の旧ブログ、
3月の記事8月の記事 で紹介した、
カレー番長のお店に
とうとう行ってきました!

もっと早く行くきたかったのですが、
昼は行列だと聞き、
怖気づいていたところ、
夕方は比較的落ち着いているとのことで、突撃。

今週の『シティ情報ふくおか』で紹介されていたので、
混んでないといいですね~。

西鉄平尾駅から3分くらい。
最近、「平尾村」とか「平尾の新しい村」
と呼ばれるエリア。

看板も何もありませんが、
お茶菓子で有名な青柳と、マフィン焼けたよー!の
間をずいっと入ります。

突き当りを左へ行くと、
MANLY COFFEE

左へ、
「えっ、こんなところを?」なケモノミチを入ると

ありました!
私はこの道順を知らずに行き、迷いました。
カレーの香りをたよりに、なんとか探し当てた(;’∀’)

扉に「floatan」と書かれています。
平野さんのニックネーム「あーたん」+ぷかぷか浮かぶ「float」の造語だそうです。

 

さすがに夕方16時台なのでお客さんはおらず、
「特等席へ」案内していただきました。

なんと、お庭の見える窓際♪

最高にビールがうまい!
番長おすすめの志賀高原ビールです。

 

ふと見ると、グラスがおもろい!

しまった、ビール飲む前に写真撮るべきだった。

でも、飲んじゃった!
気持ち良くて、ごくごく行けます。

初めてのお店なのに、
妙にくつろげる不思議空間。

 

メニューもゆるい。

 

自分の後に、外国人観光客のお嬢さん方が入店。
気になって入ってみたそうです。

お店の入口付近は、
番長セレクトのおしゃれな工芸品や、
アートな写真が展示されたギャラリー。
そりゃ~気になりますね。

 

次いで、小さなお子さんとお母さんが入店。
ジュースとパパドでおやつタイムを
愉しんでいました。

なるほど、そんな使い方もできるとは。
普通のカレー屋さんとは一味違う。

 

そして、お待ちかねのカレー!

この平べったいスプーンが、
衝撃的に使いやすかったです。
カレースプーンのくぼみは何のために?
と、思うほどに。

右側がほっこり優しい豆カレー、
左側が大人スパイシーなチキンカレー。
真中に、ヴィヴィッドな玉ねぎアチャール。

そして、パパド!

草間彌生ばりに、粒が均一。
どうしたらこんなに綺麗になるのかな?

パパドのこと、オマケみたいに思ってましたが、
お子さんが「パパド! パパド~!」と欲するだけあり、
しっかり作られています。

 

番長直伝で、
砕いてのっけていただきます。

豆だけ、
チキンだけ、
混ぜて、
楽しめます♪

おいしいですよ~。
骨付きチキンはホロホロ。パパドのアクセントも効いてます。

 

特等席のカウンターは、3席。
とてつもなく座り心地の良い
丸太イスで、お庭を眺めながらビール!

テーブル席もありました。
カフェとして利用されるだけあって、
座席の間隔はゆったり。

ふんわりまったりしてるけど、
パパドもイスも手を抜かない。
番長の心意気を感じにぜひ!

夕方のゆるゆるタイムがおすすめです。
不定休なので、FBなどでご確認を。

 

 

floatan(フロータン)
福岡市中央区平尾2-14-21
12:00~21:00(O.S.20:30)
休)不定休 (今のところ 月・火・金)
電話なし Pなし